根管治療

根管治療とは

根管治療とは、根管内の神経を取り除き、消毒した後に薬を詰めて被せものを装着する治療法です。むし歯が歯の神経に到達すると、激痛が起こります。そのまま放置すると痛みはなくなりますが、これは神経が壊死したためです。そこからさらに放置すると、歯の根の先に膿が溜まって再び痛み出します。

根管治療を適切に行えば、高確率で歯の機能を維持できます。しかし、日本は根管治療の成功率が諸外国よりも低いといわれています。

自分の歯を残すための根管治療

根管治療を行えば、歯の根にまで進行した重度のむし歯であっても、抜歯を免れることができる可能性があります。むし歯金に感染した神経や組織を除去して、根管内を丁寧に掃除することでむし歯の進行を抑えることができます。一見、簡単に見えるかもしれませんが根管内は複雑に分岐しているため、技術と経験が求められる治療です。

根管治療では改善が期待できない場合には、抜歯をご提案することもあります。少しでも根管治療で症状の改善が期待できるのであれば、患者さまにその旨をお伝えし、同意を得られれば根管治療を行います。

根管治療が必要なケース

根管治療が必要なのは、歯の神経にむし歯が到達した状態です。ただし、根管治療だけでは改善が難しいケースもあります。
根管が折れていたり穴があいていたりすると、肉眼で治療を行うことは困難です。その際は、歯根端切除術や抜歯が必要になる可能性があります。

また、根管治療によって神経を取り除くと、その歯はもろくなります。そのため、根管治療が必要になるような状況に陥る前に、むし歯の治療を始めることが大切です。
神経に到達していないむし歯であれば、むし歯の部分だけを削り、詰めものや被せもので歯質を補う治療を選択できます。

当院の根管治療への取り組み

当院では、患者様にとって良い結果になるように、次のように取り組んでおります。

治療時間を十分に確保いたします

当院では、1回のご来院に約1時間を確保しております。受付から診療、お帰りいただくまでの時間に余裕を持つことで、リラックスしてご来院いただけます。
また、根管治療では、細菌感染が重度であるほどに、多くの治療回数が必要です。なるべく、時間的な負担をおかけしないように心がけています。そのうえで、妥協せず最後まで丁寧に治療いたしますので、リラックスしてお越しください。

ラバーダム防湿をします

根管治療中は、根管に唾液が入ることを防ぐために、ラバーダムというゴムのシートで根管を覆います。
また、治療器具によって頬の内側や舌が傷ついたり、治療に使用した水が喉へと流れたりする心配はありません。

歯科用CTを使用します

当院では、必要に応じて歯科用CTを使用しています。根管の形や骨の状態を三次元的に確認できるため、治療の精度が上がります。

一番上に戻る
03-5849-510103-5849-5101 LINE予約 新規の患者様専用WEB予約 Web予約ご相談はこちら