予防歯科

予防歯科~むし歯や歯周病を「予防する」~

歯科医院には、歯が痛くなってから行けばいいと思っている方は少なくありません。予防歯科とは、お口の健康を守るために歯科医院に通うことです。患者さまの状況に合わせて、36ヶ月に1回程度のペースで通っていただくのがおすすめです。当院では、歯並びのチェックからむし歯・歯周病の有無、ブラッシング指導まできめ細かに対応しております。

歯の健康を予防する重要性について

歯が痛くなったり歯が揺れたりしてから治療するのではなく、歯の健康を守るために歯科医院に通う方が増えてきています。生涯にわたり、ご自身の歯で食事をとりたいという方が増え、予防に対する意識が高まってきたのです。日本では、まだまだ予防歯科が浸透していないため、残念ながら歯を失ってしまうケースがたくさんあります。

歯の健康を守るには、日々のセルフケアの質を高めるとともに、定期的なメンテナンスを受ける必要があります。

予防歯科(定期歯科検診)でできること

むし歯のチェック

予防歯科では、歯と歯の間や歯の表面にできたむし歯を早期発見できます。歯と歯の間や歯の裏側のむし歯は、自分で見つけることが難しいため、歯科医院で定期的にチェックしてもらうことが大切です。

歯茎のチェック

歯と歯茎の間の溝を歯周ポケットといいます。歯周ポケットの奥深くに歯垢や歯垢が潜んでいると、歯周病のリスクが高まります。そのため、定期的な歯周ポケットの検査で歯周病を早期発見し、早期治療へと繋がることが重要です。

ブラッシング指導

歯を毎日磨いていても、むし歯や歯周病になる場合があります。これは、磨き方の癖や技術不足によって、同じところが磨けていないためです。定期的に歯科医院でブラッシング指導を受け、セルフケアの質を高めることがむし歯や歯周病の予防に繋がります。当院では、患者さまの歯並びや歯の形、大きさなどに適した歯ブラシや歯間ブラシ、デンタルフロスの選び方をご紹介すると共に、使い方をアドバイスしております。

歯垢の染め出し

歯垢は細菌の塊であり、むし歯・歯周病の原因です。歯垢の染め出しによって磨けていないところを把握していただくことで、セルフケアの質が高まります。

歯垢を取る

日々の歯磨きで取り除くことができていない歯垢を専門器具で徹底的に除去します。

歯石を取る

歯垢を放置すると、石のように硬い歯石に変化します。歯石は歯磨きでは取り除くことができないため、定期的に歯科医院で専門器具を使ったクリーニングを受けることが大切です。

口の中の粘膜の病気を調べる

頬の内側や舌などに起きる炎症、口腔がんなど、お口の粘膜にできる病気をチェックします。口の中を清潔に保ちつつ定期的にチェックすることが、重大な事態への進行を防ぐことに繋がります。

当院の歯のクリーニング~PMTC

当院では、歯科衛生士が専門器具を使って歯の汚れや着色を取り除く「PMTC」を行っております。コーヒーやワイン、たばこのヤニなどが原因の着色汚れを徹底的に除去しつつ、歯垢やバイオフィルムもきれいに取り除くことができます。つまり、歯の見た目を改善しつつ、むし歯や歯周病の予防効果を高められるのです。

一番上に戻る
03-5849-510103-5849-5101 LINE予約 新規の患者様専用WEB予約 Web予約ご相談はこちら